Japan Libra Association


適合、教育、開発

LIBRAは
Facebookの暗号通貨です。

Goals of the Association

The clear-cut path of the association:

  • Libraへのリンク: Libraに関する知識を日本の顧客に提供します。

  • ネットワークを広げる: 日本の決済およびブロックチェーン・プロバイダー

  • 法規制: 日本の政策立案者や規制当局へのトレーニングや教育プログラムを提供します。

  • 教育: Libraの使い方を一般の人に教えます。

  • 開発: 日本の開発者ネットワークを組織し、一緒に構築を手助けします。

  • 検証: "permissionless"への更なる一歩. JIBRAはノードを実行します

今後のイベントと情報

JIBRAについて

この独立した団体は、Facebookの暗号通貨Libraの発表に伴い、2019年6月に共同で設立されました。 日本は世界のどの国よりも暗号通貨に対して、先進的な考え方をしており、暗号通貨を受け入れています。 日本の暗号の歴史は古く、時には難解なものであるため、厳しい規制が求められており、現在では、暗号通貨の利用者を保護するために高い水準のチェック・アンド・バランスを提供しています。

我々は、Libraが日本での採用を促進するために、この規制の枠組みに含まれる必要があると考えます。

また、JIBRAのメンバーは研究開発にも積極的であり、欧米のLibra開発チームとアジアのLibraと良好で実りある関係を築く為に、東洋の専門家を収集することができます。

チーム

技術的な Know-How 豊富な業界経験 法務的な専門知識
  • オックスフォード大学、KIT、東京のNIIの博士号を持つブロックチェインの研究者
  • 複数のブロックチェーンDAPP(分散アプリ)の著者
  • 取引所のセキュリティ:日本公認取引所とシンガポール非カストディ取引所の技術
  • hacklibra.ioのジャッジ
  • 20年のプロフェッショナルな経験を持つマルチリンガルシニアエグゼクティブ
  • インターネットスタートアップと共同設立し、ヨーロッパとアメリカの証券取引所でIPOを完了しました。
  • INSEAD/ウォートンMBA、ワシントン大学卒業。
  • 初期の暗号技術投資家、カンファレンスの講演者。
  • ドイツの弁護士資格保有、オルタナティブ・ファイナンスと暗号資産を専門とするPhD
  • ドイツ、中国、シンガポールの大手法律事務所や法律機関でのキャリアの大部分を費やしている
  • Oxford Fintech Programme 2017/2018

協会のメンバー

近日、アップ予定です。

お問い合わせ